開発途上国へ太陽光パネル?

最近話題となっている太陽光発電、
東日本大震災を経験してから、メーカーもここぞとばかりのプロモーション。
太陽光発電と言っても、性能は様々、
導入の際にはメリットデメリットを精査する必要がありますね。
比較検討するならこちらのサイト
費用だけでなく、発電効率やランニング、サービス体制、信頼度、、
いくつもありますね。
おまけに工事会社とのトラブルも散見されるので、、悪徳にはご用心。
詐欺まがいもあるので、値段だけで飛びつかないことです。
さて、太陽光発電は太陽光パネルの集合体みたいなもの、
開発途上国の街並みでこの太陽光パネルが売られている事はあまり知られていないかな。
電力インフラが整備されていない地域にとってこのパネルが大活躍らしい、
一枚でも少しの時間テレビを見たり、夜間の明かりに、、と
ただ、
日本製は高性能だけど高価格なので、、普及は他国の会社。
日本も技術革新スピードを速め、
太陽光発電の普及と脱原発の壮大な実証実験の成果から自然エネルギーインフラ輸出大国となると思うんですけどね。

Comments are closed.