へバーデン結節の予防はどうすればいい?

年齢と重ねていくと色々な病気や体の症状などが出てきますが、ヘバーデン結節も、ご高齢者に多い病気です。
指を酷使する仕事、手をよく使う仕事をしている人が、このヘバーデン結節になりやすいといわれています。

ヘバーデン結節の予防を考えると、やはり、なるべく手を休める、ということでしょう。
ヘバーデン結節という病気にならないように、関節を休ませてあげる、ということです。
仕事中に少し指を止めて伸ばしたり、作業とストップして休ませましょう。

既にヘバーデン結節になっている状態で、作業をしなくてはならないという時には、テーピングなどで補佐してあげるようにすると楽になるようです。
結節ができた状態であれば、塗り薬などを利用して炎症の痛みを止めます。

ならないように・・と思っていてもなってしまうヘバーデン結節。
指をなるべく休憩させるということを頭に置いておきましょう。

Comments are closed.